1. TOP >
  2. クールジャパン機構について >
  3. クールジャパン機構とは

クールジャパン機構とは

クールジャパン機構は、日本の魅力ある商品・サービスの海外需要開拓に関連する支援・促進を目指し、
2013年11月、法律に基づき官民ファンドとして設立されました。
「日本の魅力(クールジャパン)」を事業化し、海外需要の獲得につなげるため、
「メディア・コンテンツ」、「食・サービス」、「ファッション・ライフスタイル」を
はじめとする様々な分野でリスクマネーの供給を行っています。

投資対象

政府が定める投資のガイドラインとして、以下の「支援基準」に沿って投資判断を行います。

①政策的意義
(日本の魅力を海外へ事業展開するためのリスクマネー供給であること)
②収益性確保
(経営体制、リターン、EXITの蓋然性)
③波及効果
(国内産業への裨益、企業連携、発信力、市場開拓の先駆け、共同基盤の提供)

投資活動の基本方針

以下の事業を中心に、出資及びハンズオンによる支援を行います。

プラットフォーム整備型事業
日本の魅力ある商品・サービスを世界に広め、ブランドを創出するための販売プラットフォームの構築に資する事業。(例えば、商業施設や小売りの店舗展開を通じて行う衣食住関連商品等の展開、海外の放送枠の獲得を通じて行うコンテンツの配信事業等)
サプライチェーン整備型事業
川上から川下までの周辺産業が連携し、海外マーケットに日本の高品質な商品・サービスの提供を継続して行い、現地市場での競争力を保ち続けるための流通の幹の構築に資する事業。(例えば、現地の流通ネットワークをM&Aにより取得し、日本の衣食住関連商品を流通させる事業等)
地域企業等支援型事業
左記2事業とのタイアップを含め、地域の魅力ある商品・サービスを世界のマーケットに展開するための事業。
1.成長戦略とクールジャパン政策
・成長戦略を推進し、経済の成長を国民が実感できる社会を実現するためには、世界のマーケットの需要獲得が課題です。そのため、日本の産業の海外展開を活性化し、日本の経済成長の原動力とすることが必要です。
・日本には、コンテンツ、ファッション・日本食・住まいをはじめとする衣食住関連商品、観光、サービス、先端テクノロジー、レジャー、地域産品、伝統産品、教育などの分野で、いわゆる「クールジャパン」として外国人に評価されている商品・サービスが存在しますが、これまで必ずしも十分な市場獲得に繋げられていません。そのため、これら日本の生活文化の中で育まれた「日本の魅力」を付加価値としつつ産業として発展させ、海外需要の獲得(アウトバウンド)及び日本国内への海外需要の取り込み(インバウンド)につなげる取組を重点的に展開します。
2.クールジャパン機構のミッション
・クールジャパン機構(以下、「機構」)は、この「日本の魅力」を産業化し、海外需要を獲得するため、リスクマネーの供給を中核とした支援を行い、将来的には民間部門だけで継続的に事業展開できるような基盤を整備することを基本的なミッションとします。加えて、新興市場の開拓やこれまでにない新たなビジネスモデル等への支援を通じ、いわゆる勝ちパターンとなるような「成功モデル」を創出します。そうした「成功モデル」の他の事業・分野への横断的な展開(「ヨコ展開」)に積極的に取り組み、更なる海外市場の拡大に繋げます。また、特定の業種・業界や系列の壁を越えた横断的な連携によるプロジェクトの組成を積極的に主導することにより、日本ブランド全体としての「発信力の向上」に努めます。
・機構は「民業補完」に徹し、民間部門のみでは事業が十分に実施できない分野に対して支援を行うことを原則とし、海外展開のための民間投資を促す「呼び水」としての役割を果たすこととします。